Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

日吉のメディアセンターに行ってきました

今日朝起きたら頭痛がひどく、「これ、あかんやつや」と思い、会社を休もうと思いました。
でも、本日中に仕上げてお客さんに送らなきゃいけない資料があったので、午前中は頑張って行って、死ぬ気で作って、終わったら帰って寝ようと思いました。

で、12時過ぎぐらいに資料を仕上げて、会社を出て、帰宅しようと駅へ向かっていると、悪魔のささやき。

「体調、普通に歩けるぐらい復活してるんだったら、ちょっと日吉に寄ってから帰れば?」

そうね。平日の昼間だしね。滅多に出歩けない時間帯だしね。
三田線の駅が近くにあるから1本で行けるしね。

・・・。

ということで、若干の後ろめたさを感じながら、日吉のメディアセンターに行ってきました。

日吉キャンパスに来るのは久しぶりです。
いつ振りだろう。卒業式ぶりかなぁ。

なんて、昔の思い出にひたりつつ、メディアセンターへ。

KOSMOSで調べて、棚から探し出し、英語Iと統計学のテキストをゲット!

さっそく中をじっくり見ます。

英語I

なんというか、わかりやすい。。。
Forest見ても「はい、そうだねー」としか思えなくて、なかなか頭に入ってこないのですが、このテキスト、要点のみ書かれてわかりやすく、すぐ後に例としてぴったりな例文が載っているので、ついつい読み進めてしまいます。
アウトラインを俯瞰して見れるのが、私にはあってるのかもしれません。

・・・このテキスト欲しい。じっくり勉強したい。早く合格通知来ないかな。

合格するまで、テキストを見るために日吉に通うことになりそうだなぁ。

統計学

パッと見、公式集かなと思いました。。。文章が少ないというか・・・めまいで倒れそうになりました。
しかし、章の後ろにExcelでの例が載っていて、それを進めるうちに、「ああ、この値の出し方ね」と、普段使ってる数式とリンクすることができたので、理解できそうな光が見えました。
章の後ろに、経済に関する例題が載っているので、それを問いてるうちに身に付くのかもしれない。問題自体は楽しそうでした。



中身を一通り見たところで、英語Iは巻末の例文を少しコピーして帰り、統計学は、目次をPCで写してきました。

日吉は塾高があるから、若い人が多いですね。
そして三田ではあまり見ない、チャラい学生もいます。

そんな中、年配の方をちらほら見かけました。
雰囲気的に教員ではなさそう。

ということは、通信課程の方で、メディアセンターに来てるのかしら。
勝手に親近感が湧きます。

そんなことでちょっとほっとするのは、アウェイ感満載でビビってたからかもしれません。

明日はちゃんとした社会人に戻ります。