Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

【履修計画】少し変更

統計学のレポが終わったところで、計画を見直してみました。

f:id:Matari:20151025162442p:plain

この後は、経済学、経済原論(前半)、経済原論(後半)のレポを書いていこうと思っています。

当初、1月の科目試験は、統計学、経済学、経済原論(前半)の3つに集中しようと思っていたのですが、だんだん仕事が忙しくなってきており、年を越えたあたりから11月までは、地獄になりそうな雰囲気なので、出せるときにレポは出しておいたほうがいいんじゃないか、受かる可能性がある試験は受けといた方がいいんじゃないか、と思いなおしました。
11月末までは、どんどんレポを書いていく作戦に変更です。

人文科学分野からは、論理学を履修しようと思っていたのですが、かぼす先輩のブログで背筋の凍るエピソードを読み、ちょっとテキストを読み進めていたけど、よくわからない。。。。
一筋縄ではいかない予感しかしなくなりました。

他の人文科学分野・・・哲学に着目してみます。
1年目のE群はがら空きなのですが、哲学はそこに入ってこれます。
そして、なんと持ち込み可なのです。
#レポさえ合格してしまえば、4回受けたら1回ぐらい受かりそうな気がする・・・。

さらに、哲学のテキストを開くと、ちょうどそこに「ベイズの理論」が。(P197あたりです)
読み進めると、ベルヌーイがどうとかこうとか・・・。
おお!統計学と紐づいている!!

ちょうどこの前「統計・確率思考で世の中のカラクリがわかる」っていう新書を読んでいて、著者の高橋氏は学生の頃にベイズ理論を研究していたけど、ベイジアンは当時異端だった~とか、数学というのは、非ユークリッド幾何学みたいな世界を見れるからおもしろい~みたいなことが書かれていたんですが(手元に本がないからうろ覚え。。。)、それを思い出しました。

ちょっと運命を感じたので、哲学も計画に入れてみます。

あとは、11月に入ってくれば地学のテキストも配本されると思うので、それらに着手するか、簿記論のレポだけ書いておくかってとこでしょうか。
そこまで行けるといいですが、11月の休日は楽器の練習で埋まっているので、難しいかな?
できるだけやってみることにします。


↓ぽちっとな。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村