Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

試験勉強の進捗(6日前)

本日は日吉に行く予定でしたが、諸事情で自宅での勉強となりました。

「自宅で勉強だなんて、終わった・・・」
と思ったのですが、追い詰められいるからなのか、なんとか勉強できました。

経済学・経済原論(前半)

今日はマクロデーです。
イチから過去問を中心にまとめていき、IS-LMまで終わりました。

マクロはレポ作成のお題がAS-ADだったので、そこまではレポ作成の時、みっちり勉強していました。
なので、IS-LMは理解していたつもりだったのですが、財政政策した際にIS曲線が右にシフトする流れが、S澤先生のテキストだと「政府の支出が増加すると、投資が増加する」って書いてあり、意味が分からず、「そういえばレポ作成の時は斎藤マクロで勉強したんだった」と思いだし、斎藤マクロの該当部分を読みました。
・・・すんなり理解。
S澤先生のテキストはわかりやすいけど、「Y=C+I」ってなってて、Gをカットしてるからその後ろの説明が結構きついんですよね。
せめて「Y=C+I+G」ってしておけばよいのに・・・。
なんて、自分の理解力のなさをS澤先生のせいにしてブツブツ言っていました。先生、すみません。。。
#前提に「政府の活動は無視し~」って仮定しているし、12章の練習問題に「政府支出がある場合、式はどうなるか」っていう問題も書いてあるから、ちゃんとそれ読めばわかるんですけどね。

こうやってちょっと詰まると一気に時間を取られてしまいます。
レポ作成の時、頑張っておいて良かった・・・・。

マクロの残りは、ASーADと、景気循環と経済成長のところ。
原論ではないので、経済学では残りの場所は出ないと読み、カットします。
貿易が絡んだところも出ないと思うのですが、覚えることが少ないので、閉鎖経済と一緒にやっちゃいました。
もし出たら、読みが甘かった、ということで、次回やります。

ミクロの残りは「国際貿易と資本移動」と「不確実性と社会的選択」のところです。
あ、あと経済循環についてもまとめようと思っていたので、それも。

これらすべてをなんとか明日中に終わらせようと思います。
これが終わったら、木曜日ぐらいに作成したまとめノートを読んで思い出し、あとは試験前日の暗記モードに託します。

統計学

回帰分析に着手しました。
回帰分析の章のはじめの説明を読むと、「経済学では消費関数や乗数理論のところで使いますよー」って書いてあります。
ちょうど今日やった場所なので、リンクしていてちょっとうれしくなりました。

まだ本日予定のところまで終わっていないので、仮説検定までやったら寝ようと思います。
3時には寝たい・・・・。

統計学は全然見通しが立たないので、今週の平日はすべて統計学に時間を割こうと思います。
経済学より経済原論より統計学がやばい気がしてきました。

ちなみに、今回の私の優先順位は、「経済学>統計学>経済原論(前半)」です。
B群が一番詰まっているので、原論を優先すべきかもしれませんが、初めての試験だし、原論なんて1発で受かるはずがないと思っているので、半分捨ててます・・。


↓通りすがりにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村