読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

2015年度第IV回科目試験(2日目)

本日は試験2日目でした。

三田の某コーヒーチェーン店~慶友会自習室で勉強した後、B群の「経済原論(前半)」と、A群の「経済学」を受けてきました。
その後は慶友会がらみでお散歩~福澤先生の墓参~そば屋~飲み屋と転々として、帰宅です。

経済原論(前半)

2問とも見たことある問題でした。
1問目は書けました。でも今思い返すと、最後の方、逆なことを書いていたような・・・あと、書くべきことがもっとあったような気がします。
2問目はどうしても思い出せず、テキストの第何章ぐらいだろう?何が前後だっただろう?といろんな角度から思い出そうとしましたが、無理だったので、勝手に作りました。
間違ったことは書いていないのですが、ポイントとなることが書けていないので、まぁ無理でしょう。

経済学

1問目は書けたと思います。直前まで流れを追っていた個所なので。
2問目は・・・・想定外。過去問にあるのでしょうか。1年分しか過去問集を持っていないのでわかりません。
問われている単語の意味は知っていますが、試験勉強で得た知識ではなく、ニュースなどで得た範囲。
なので、定義がしっかり書けません。書くと1行で終わってしまいます。
それっぽく定義を書いてみましたが、後からテキスト読んだら間違ってました。ムリニフクラマセナキャヨカッタ。
そして、試験後に慶友会の同期と会って話をしたら、「それってあれでしょ?毎月1回、8時40分ごろにXXから発表されるやつでしょ?」と言われ、自分の常識のなさに落ち込みました。

うーん。両方ともぎりぎりアウトっぽいです。
良くて、「C」通過ってところでしょうか。
でもなんとなく「こんな感じで書けばいいのねー」という感覚がつかめたので、次回しっかり勉強すればいける気がします。

勉強の仕方

初めての試験を振り返り、いくつか攻め方を変えようと思います。

1.毎回6科目受験する

その試験を1回受けるというのは、準備をしていなくても、かなり得られるものが多いです。
公開されていない過去問などは特にそう。
何問出されて、どのくらいのペースで解答すべきとか。
あと、1日1科目だと、空いている時間をどうしていいのか(勉強すればよいのだけど)、調子が狂います。

2.過去問に関して、解答例をつくっておく

一度やろうとして時間を惜しんであきらめた勉強法です。
まとめノートを作っても、直前に見ていても、やはり解答中に悩んでしまいます。
今回試験を受けて、どのくらいのボリューム書けば良いのかというのがだいたいわかりました。
そして、レポと違って短いので、そんなに構成に迷うことがないから比較的すぐに作れるとわかりました。

ということで、気持ちを入れ替え、レポート作成に励もうと思います。

あと、仕事がらみの勉強を始めようと思いますので、通信の勉強に費やす時間は半分ぐらいになります。
資格試験とかではないのですが、今のところを抜けてやろうとしている企画中の新しいプロジェクトが、やったことない言語なので、会話できる程度になるまでのお勉強です。
#プログラムなんてもうずっと書いてないのですけどね。
#でもたまに書いておかないと勘が狂うし、教育もできなくなるのです。

2月末までに何本のレポが書けるのだろうか・・・。

とりあえず今日はぐっすり寝ます。
皆さま、お疲れさまでした。

↓通りすがりにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村