Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

ニューズレター2016年3月号

ニューズレターが届きました。

試験の持ち込みに関して、細かく記載がされています。
「うっかり不正」しないように、細かく書いてもらえるのは助かります。

持込可に、「パソコンや通信機能を有するすべての機器をのぞき」と書いてあるので、Kindleは不可ですね。

そして、4月試験の科目を見ていると、気づいたことが。
数学(微分積分)って、持ち込み可なんですね。
知らなかったー。
テキストの練習問題などを問いたノートとかは役に立ちそうですね。

今回受ける科目では、簿記論が「電卓のみ持込可」、地学が「持込可」です。

maxさんのところで話題になった電卓ですが、実は関数電卓しか持っていません・・・・。
簿記論は関数電卓なんて不要で、打鍵しやすい計算機が必要です。
・・・Amazonで探そうと思います。
電卓の持ち込みで、取扱説明書の持込は許可しませんというのは、そういう方がいらっしゃるということですね。
私が持っているCASIOの関数電卓は、ふたの部分にリセット方法や単位計算の記載があるので、試験前にふたはカバンに閉まっておくという対応が必要になりますね。


↓通りすがりにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村