Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

【e-経済学史】受講(第2~4回)

週末の出来事をまとめて。

金曜は早く帰るつもりが、結局夜遅くまで仕事となり、eスクは少ししか見れず、すぐに爆睡となりました・・・。

土曜はお友達に誘って頂き、青山のオサレなレストランで女子会ランチ。
たくさんの通信のお仲間にお会いしました。
今の話題はやはり夏スクです。
過去に受けたことがある科目について色々教えて頂きました。
そのレストランの上品なコースを頂き、最後はコーヒーとたくさんのケーキで締めくくり、食べ終わるとすぐに数人で三田へ移動。
放送英語でお世話になっている井上先生の講師派遣の講演会に参加しました。

井上先生のお話は興味深い内容ばかりで、先生の話し方も面白く、あっという間でした。
トトロなどのジブリ作品の字幕翻訳に見る文化の違い。面白いです。
文学部の勉強も歴史的背景とか勉強すると面白いんだろうなぁと興味が湧きました。

その後、懇親会には参加せず、お友達とカフェでお勉強、夕飯を食べて帰宅です。
カフェでは、微分積分の最後の問題以外の写経が完了しました。
数式の写経は神経使います。うっかりマイナスが抜けたりするので、集中力が必要です。

あとはあの問題だけ!!
今日考えて新しい手を思いつかなかったら、途中まで書いて、出しちゃおうと思います。
最近、寝ても覚めてもずっとあの式のことを考えているので、もうそろそろ他のことを考えたいのです・・・。

日曜は、家事をしつつ、合間にEスクを進めました。
あとは、図書館に行って、期限が来た論理学の本を返却し(次の予約者がいたので延長できず・・・)、新しい論理学の本を借りました。
本を借りたらすぐレポ書かないとね・・・・。うう。

経済学史:スミスまで受講

第4回まで受講しました。
スミスの参考図書を読んでたんですが、国富論より道徳感情論の方が気になります。。。。
18世紀の世界感を想像しながら進んでいくので、タイムトリップした感じで楽しいです。
歴史もちゃんと勉強すると楽しいのだよ。>自分に言ってます。

まだ経済原論も経済学史もレポ課題は出ていません。
経済原論は、最悪授業を見てなくてもレポは書けそうですが、経済学史は見てないと書けないので、こっちをどんどん先に進めることにします。

池田先生の授業は受けてて安心します。
丁寧にロジカルに説明してくださるので、歴史や常識をあまり知らない私でもなんとか理解できます。
最初self loveのことが理解できなかったのですが、Humanityを対比として出すことで理解できました。
そのまま語句の説明をするのではなく、他の例を挙げて違いを示して、理解させるという説明の仕方、すごく助かります。

でも時々先生は英語の単語を使用してお話しされるので、止まってしまいます。
実際のスクでは止められませんが、Eスクでは実際に池田先生を止めて調べることができるので、便利です。
例えば池田先生がぽろっと「このときのprotestがどうとか・・・」とお話しされたので、止めて調べました。
(確かえいぽんたんでも出てきた単語ですが、さっと思い出せませんでした)
あとはノートを取ってて漢字がわからない時も、止めて、ぐぐれます。
冠婚葬祭とか顕著とか袖とか、すぐに出てきませんでした・・・。

さて、今日は積分の残った最後の問題をチャレンジして、論理学の本を読んで、明日の出張の準備でもします。
またまた朝早い便なので、今日は早めに寝ることにします。

出張から帰ってきたらついに入学式だー。
ついにrachelさんにお会いできる~~。


↓通りすがりにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村