読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

【科目試験】過去問を分析して学習計画を考える

本日の日吉は、夏スクの時のように暑くて日差しが強かったです。

f:id:Matari:20160903214302j:plain:w300

本日日吉のメディアセンターに行ったのは、10月になったら配本される、経済政策学のテキストを見るため。なぜか通信のテキストは三田にはなくて日吉にあるんです。

で、じっくり見てみます。ミクロ、マクロの理論部分は、説明が詳しくて、なんというかわかりやすいです。
経済原論やる時に見たかったな・・・。
経済原論やってる方、経済政策の本、参考文献としてよさげですよ!!

あわよくば経済政策学のレポに着手しようかな、と思ったんですが、気が乗らず、経済史の勉強をしました。はまるといっぱい時間がとられそうな気がしたので・・・。

過去問分析と学習計画

さて、10月に受ける試験の過去問を分析しました。
まぁ手元には2年分しかないんですけどね。
10月に受ける5科目のうち、放送英語W以外の4科目が、公式過去問集に載っています。
そして、それを元にどうやって学習していくか、計画を立てました。

政治学

テキストに沿った出題に見えます。
規則性もないので、素直にテキストに沿って一通り勉強すればいい感じかな。
出題される問題の大きさに比べてテキストの範囲は狭いので、何とかなりそうな気がする。
でもそんなに時間をかけたくない。
とりあえず、章ごとにキーワードを拾って、それの説明を5行ぐらいにまとめたものを作ってみよう。

財政論

・・・規則性ありまくり。これマジですか?
今年の4月や7月もこの規則性で出題されているのかなぁ。
とりあえず過去問の問題と、レポートの課題について解答例を作って、あとは余裕があったらテキストの読み込みを2,3回行いたいと思います。

経済史

テキストに沿った出題に見えます。でもテキストのどこなのかわからない問題もあります。
規則性はありません。
とにかく、範囲が広いです。
噂には聞いていましたが、これは厳しい・・・・。
最初はマンガで「世界の歴史」シリーズを読んでから~と思っていたのですが、テキスト見る限り、歴史ではなく経済史なのですよね。当たり前といえば当たり前なのですが・・。なので、歴史は置いときます。テキストを覚える方に集中します。
じっくり時間をかけて覚えていくしかなさそうですが、普通にやってたら終わらない気がします。
テキストは、ざっと読んでも絶対に頭に入ってこない感じなので、1つの見出しに対して3行でまとめたものを作って、それを覚えてからテキストを読み込もうかな・・・。
見出しは全部で116個。そんな時間あるかな?

金融論

テキストからまんべんなく出題されているようにみえます。
夏スクで金融論を受けましたが、ぱっとわからない問題もあります。
過去問と、夏スクで先生が「この項目重要」とおっしゃった22個のポイントを中心に、1問につき1ページぐらいのまとめシートを作っていこうと思います。図も多いしね。

とりあえずこの内容で1週間ぐらいやってみて、様子を見ようと思います。

今回の試験、確実に全部単位とりたいな。


↓通りすがりにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村