読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matariの学習記録

慶應義塾大学通信教育課程にて、2015年10月から経済学を学んでいます。このブログはその学習記録です。

思うように進まない週末

休日が終わってしまいました・・・。

週末は経済史をすこーしだけ進め、金融論をパラパラめくり、フランス語をぶつぶつ呟きながら、試験勉強とは関係のない本を読み続け、溜まっている録画ものを一気に見ました。
予定をこなせていません。ちょっと計画を見直そう。

そして、生まれて初めて「こむら返り」というのを体験しました。
寝起きで、しかも両足いっぺんに襲って来たんですが、超痛かったです。。。

さっそく調べると、中年に多いとのこと。おっと・・・・。

初めてなので、病気が原因というのは再現性が出てから考えるとして、思い当たるのは「脱水」「電解質不足」。
多分前日にお酒を飲みすぎて、尿中のマグネシウム濃度があがり、大量に失われたせいでしょうか。
飲んだ後、水分摂取も怠っていた気がします。
今後、飲んだ後は意識的にスポーツドリンクを飲もうと思います。

そして、運動不足とか栄養状態も関係するのでしばらくはちゃんとした生活を送ろうと思います。
#しかし今週は、夜スク以外の曜日はすべて会社がらみの飲み会・・・。

まだふくらはぎが痛い。。。。

夜スク「経済地理」

明日は夜スク「経済地理」の初日です。
割と小さい教室なので、少人数なんでしょうかね。
そして、夜スクは105分なので、夏スクなどに比べたらあっという間に終わってしまうんでしょうね。

改めてシラバスを確認すると、「インターネットにアクセスできる手段を有していることが望ましい」と書かれています。
なので、PCを持っていこうかと思います。ネットワーク周りはITCアカウントを取得済みなので、それで。
過去にGISを用いた仕事を(ちょっとかじっただけだけど)いくつかしていましたし、地理はもともと好きなので、かなり楽しみです。

この科目、文学部では第1類で「人文地理学」として開講されています。
参考文献がいくつか挙げられていて、その中に文学部のテキストの「人文地理学」があります。
目次と、序章を読んでみましたが、なかなか興味をそそられる内容です。
テキストに書かれている、Peter Haggettの「地理学と関連諸科学との関連図」を見ると、地理学と経済学の間に「空間分析」という言葉が挟まっています。
空間分析の章をざっと読んだんですが、かなりおもしろそう。わくわくします。

経済学部のテキスト科目では、地理学Iと地理学II(地誌学)があります。
10月になったら配本されます。テキスト早く届かないかなぁ。
悩ましい卒論ですが、こっちからのアプローチも考えてみたいので、この夜スク期間中に深く勉強してみようと思います。

さて、夜スクのための時間調整のため、明日はいつもより早めに出勤です。
今日は早めに寝ようと思います。

↓通りすがりにぽちっとお願いします。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村